• 理念・方針
  • 理事長挨拶

理念・方針

Policy

理事長挨拶

『人は大切 子は宝』の心で歩む
同朋福祉会 理事長
江川 洋子

 昭和25年、戦火に荒れ果てた神戸市灘区で、江川義清・アサ子夫妻は戦争で家庭を失った子

どもたちに手をさしのべたいと児童養護施設『同朋学園』を開設しました。大正3年に開設され

た同朋保育園を、昭和11年に夫妻が引き継ぎましたが、戦火を避けるための疎開を経て、児童

養護施設として再出発したのです。

初代江川義清は『児童は人として尊ばれる。児童は社会の一員として重んぜられる。児童はよい

環境の中で育てられる』と宣言した児童憲章の理想を大切に思い、いつも『人は大切、子は宝』

と話しておりました。信仰していました天理教の教えを支えに『神様から与えられた児童の生命

の尊厳を守るために、私は万難を乗り越えて努力する』と遺著にも記しています。その志を受け

継ぎ、同朋福祉会は人間尊重と子ども第一主義を基本理念に掲げております。

 昭和47年には多くの方々のご支援を得て、おかげさまで念願の理想郷『同朋児童センター』

を設立することができました。その中には、学園や地域の子どもたちの心のケアのための「心理

治療室」の創設、そして同朋保育園の再開もあり、子ども達のより健やかな育ちと地域との共生

を目指しました。

同朋福祉会は子どもたちの育ちを支えるために、神戸市内各地に、児童養護施設、4保育園、

2小規模保育所、3児童館を運営させていただいていますが、学園も保育園も児童館も、保護者

や地域の方々とのご縁を大切に、子どもの幸せを育むチームを創ってゆきたいと考えております。

今、子どもや家庭を支えるシステムが大きく変わろうとしています。保育・教育の世界も変革

の時期を迎えています。同朋福祉会では社会の変化に応じて、職員一同チャレンジ精神を忘れず

保育・教育の質の向上を目指しています。どのような状況におきましても、同朋福祉会の願いは

社会に生きる女性の自己実現の応援と、未来を担っていく子どもたちの幸せと健全な育ちのため

にお役に立てることです。

 また、職員が働きやすい環境作りをめざして努力しておりますが、仕事と子育ての両立をめざ

して子育てのサポートをする事業所として、平成25年度に厚生労働省より『くるみん』を認定

されました。同朋福祉会は『子どもにこにこ 保護者もにこにこ 職員もにこにこ』をモットー

に、子どもはもちろん、保護者も職員も地域の皆様も笑顔で過ごせるようになりますことを目指

して歩んでまいります。